>
>
ごあいさつ

秋風の心地よい季節、皆様方におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。本日は、「2016マーチング・イン・オカヤマ」にご来場いただき、誠にありがとうございます。

 「街角に音楽を」をテーマに、昭和63年から開催している本大会は、今年で28回目を迎え、全国からトップレベルのマーチングバンドが集い、岡山の秋を彩る一大イベントとして定着しております。

これもひとえに関係の皆様をはじめ、市民並びに全国のマーチングファンの皆様のご理解とご支援の賜物であり、改めて深く感謝申し上げる次第です。

 さて、岡山市では、魅力と活力あふれるまちの実現に向けて様々な取組を進める中で、文化・芸術の分野においても、市民の皆様が身近な場所で自由な創作・表現活動を行うことができ、生活の中で豊かな文化を実感できる環境づくりに取り組んでいるところです。

こうした中、本年も全国各地で精力的な活動を展開するマーチングバンドをお迎えし、「音楽の街」「マーチングの街」を全国に発信するマーチングの祭典「2016マーチング・イン・オカヤマ」を華やかに開催できますことは、誠に喜ばしいことと存じます。

今年の大会には、インドネシアから「Color Guard Indonesia」、タイから「Pitula Marching Band」、「K.K.5 Battery By Banphai School」にご参加いただくとともに、大会に華を添えるスペシャルゲストとして、DCI2008年大会優勝団体ファントムレジメントのドラムメジャーMORI KOJI氏、そして、世界を舞台に活躍された、稲垣正司氏が指導する新バトンチーム「GENESIS」をお迎えいたしました。また、日本とタイの2チームのドラムラインが互いの演奏技術と表現力を競い合う「ドラムバトル」を、新しい取り組みとして開催いたします。

ご来場の皆様方におかれましては、国内外トップクラスのマーチングバンドの華麗で力強い演奏・演技を心ゆくまでご堪能いただければ幸いです。

 終わりに、大会の開催に当たりましての実行委員会をはじめ、関係の皆様方のご尽力に対し、重ねて厚く感謝申し上げますとともに、本日お集まりの皆様方のますますのご健勝とご活躍を、心から祈念申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

マーチング・イン・オカヤマ 

実行委員長 若林 昭吾

 

 

 

 

 

 

 

 

   お陰様で、「マーチング・イン・オカヤマ」も 今年で28年目を迎えることができました。

 最初この「マーチング・イン・オカヤマ」は、岡山市が1989年に市制100周年を迎えるので、その記念イベントとして企画されました。

丁度、その前の年に当たる1988年、瀬戸大橋が開通するということで、地域全体が盛り上がり、せっかくなので、1年前倒しにして 開通にあわせ、岡山市市制100周年のプレイベントとして開催してはということに急遽なり、瀬戸大橋が開通した1988年(昭和63年)4月に1回目の「マーチング・イン・オカヤマ」が「街角に音楽を」をテーマに開催されました。それ以来、 岡山市民の皆さん 全国の音楽ファンの皆さん ボランティアの皆さん始め多くの方々に支えられ、毎年 こうして開催することができ、本当に感謝しています。

 今年の大会には、タイ王国「Pitula Marching Band」「K.K.5 Battery By Banphai School

インドネシア共和国「Color Guard Indonesia」や、DCI2008年の優勝団体ファントムレジメントドラムメジャーMori Kojiさんがスペシャルゲストとして参加してくれます。

 また、17歳の時に バトントワリング世界選手権の男子個人シニア部門で優勝し、2005年まで前人未到の11年連続優勝を成し遂げ、世界選手権で獲得した金メダル史上最多の23個、全日本選手権でのグランドチャンピオン獲得回数も史上最多の20回と、文字通り世界一のバトントワラー稲垣正司さんを指導者として新たに結成した「GENESIS」の皆さんが駆けつけこの大会に華を添えてくださいます。

 さらにタイVS.日本のドラム合戦「ドラムバトル」や、SBASirius Band Activities)と連携した「合同演奏Music Party!」といった世界的な取り組みにもチャレンジすることになっています。

見所満載!全国からトップレベルのチームが集い素晴らしい演技を繰り広げてくれる「2016マーチング・イン・オカヤマ」、どうぞお楽しみください!

 

ご挨拶

 

マーチング・イン・オカヤマ 大会会長

岡山市長 大森 雅夫